体調管理と体力向上

運転中の眠気を避ける為には、そういった環境をまず作らない事です。居眠りをしやすい環境とは、長時間の運転、睡眠不足、薬の副作用による眠気、暖房の使用で暖かさによる眠気が出てしまう事があります。

 

その他に、直進道路が続いたり、高速道路など、道路環境によって眠気が出る事もあります。こうした様々な環境で居眠りをしない為には、まずは体調管理や体力向上がキーワードになります。睡眠不足のまま運転しては居眠りの原因となり大事故に繋がり兼ねます。長時間運転をする場合は、睡眠時間を十分に取りましょう。

 

持病があり薬を服用している場合には、薬によって体調を整えたとしても、副作用による眠気が出ては全く意味がありません。

 

薬を飲むタイミング、又は服用を避け、どうしても飲まないといけない場合は医師に相談しましょう。

 

居眠りをする環境でなくても、突然睡魔が襲って来る事があります。その時は、一旦車を停めて仮眠をする事が大切です。仮眠をする事によって起床時に頭がスッキリし、眠気がなくなります。

 

 

眠気覚まし用の飲料水を飲む、窓を開ける、ミント系のガムを噛む、珈琲を飲むなど、眠気覚ましの対策は色々あります。体力向上する事で体も万全にし、より快適なカーライフを送る為にも、自分一人の運転ではなく、家族や友人を乗せる場合にも、そういった対策を行う事で、眠気による事故も未然に防ぐ事が出来るのです。