仮眠をとる

 

 

車の運転をしていて、眠気に襲われたことが無い人はいないくらい、眠くなることは日常茶飯事といえます。
ガムなどをかんだり、窓を全開にしたりしてどうにか紛らせることが出来る場合はいいのですが、どうしても我慢できなくなったら、思い切って仮眠をとることをお勧めします。
時間がある場合には、漫画喫茶やカラオケ店などでじっくりと眠るのもいいのですが、たいていの場合はそんなに時間はありません。
そんな時は、車を安全な場所に止めて、15分から20分くらい眠ります。
寝込んでしまわないように、携帯電話などを利用してタイマーをかけておくと、安心して眠ることができます。
また、意外と思われるかもしれませんが、眠る前にコーヒーを飲むことをお勧めします。
コーヒーに含まれるカフェインは、10分くらい経ってから効いてくるといわれています。
従って、眠る前にコーヒーを飲んで、10分寝てから起きると、カフェインの効果もあり、すっきりとした気分になり、その後の運転がしっかりできるという原理です。
また、車内で長く眠る場合には、体温が低下してしまうので毛布などを着て体温の低下を防ぎます。体温が下がりすぎると、起きた時にかえって不快感が残り、運転によくありません。sleep_l