ドライブ前にできること

今回は運転中に眠くなって危険運転を防ぐ為に、ドライブ前にできることを考えていきます。特に睡眠不足や労働などの疲れで運転中眠くなってしまうケースは良くあります。

 

そんな時はやはり高速道路なら命に関わるような大事故につながりかねませんので、高速のパーキングで休憩をとって安眠をとったり、どうしても時間に追われている時は、ガムなどを噛み刺激物などで目を覚ます様にするとか、パーキングのトイレとかで水で顔を洗ったりして目を覚ます様にするなど他にも色んな方法があると思います。

 

一般道路でも同じく眠くなって事故を起こすことはありますので、試行錯誤で居眠り対策をしていかなければならないようです。飲酒運転などは機械がアルコール値を測りそれに反応して運転させなくするようなシステムがありますが居眠りなんかはその人が目を閉じるかどうかを機械が判断して運転を止めるとかしない限りは、機械でやめさせるのは難しそうです。そうなるとやはりドライバーの自覚などが重要です。

 

飲酒などでもつかう代行運転をこんな時も使ってみるとか、車をパーキングなどに置いてタクシーで帰るとか、何らかの方法が探せばありそうです。事故が起こった後では取り返しが付かないのでその前に色々と考えたいです。