便利な眠気防止グッズ

 

 

車を運転していると、眠くなることがあります。これは大変危険なことですから、運転中に眠気を感じたら、いったん車をとめて、仮眠することが大切です。わずか10分程度眠ることで、頭はすっきりして眠気はとれてしまいます。しかし、車を止めて眠ることができない、あるいは眠っている時間がない場合などは、眠気をがまんして運転を続けるしかありません。そのような場合には、コーヒーや緑茶など強いカフェインをとる人も多いと思います。しかし、意外とあまり効果がないと感じている人が少なくないのではないでしょうか。これはカフェインの効果が現れるまでに30分ほどかかることや、カフェインをいつも摂取していることでそれほど劇的n効果が期待できなくなっていることが原因かもしれません。そこで、お勧めなのは様々な眠気防止グッズです。たとえば、眠気をもよおすとそれを探知してアラームがなるグッズがあります。これは一瞬ですが、はっと目が覚める効果が期待できます。また、眠気予防のためのグッズではないのですが、車用の空気清浄機や水枕なども効果があるようです。眠気を酸素が脳にあまり行っていない状態なので、空気清浄機で車内の空気をきれいな状態に保ったり、水枕で頭を活性化させたりするわけです。いろいろ自分に合うものを試してみると良いでしょう。